B工事のポイントとは

内装工事の一つの部類としてB工事というのがあります。これは借主が負担をするものであり、そして、業者はオーナーが指定したものを使う、というやり方の内装工事になります。B工事というのは、要するのそのテナントなどで利用者が自分の使いやすいようにビルなりオフィスの機関部分を変えることもあるような工事になります。例えば電気配線とかそうした部分が代表的な部分であるといえるでしょう。
これを勝手に変えられると問題ですし、後でわからなくもなってしまうのでキチンとオーナーの許可、そして、オーナーが指定した業者を使ってやる必要がある、ということになっているのです。B、というのはAとかCとかの工事もあるからそうして分けている、というだけです。
Cは完全に自分の内装工事になります。これは自分で好きな業者を選ぶことができるようになっています。ちなみに色々と設備を弄ることもあるのですが別に自分に権利が発生することはありませんか、その点は注意しておきましょう。例えば空調をいくらか変更したとしてもそれは自分のものでない、ということです。それこそが大きなポイントになってくることでしょう。まさにB工事の要点になる部分なのです。