B 工事

内装区分のひとつにB工事があります

内装工事というのは、オフィスなりビルなどの場合、区分があります。その一つがB工事と呼ばれているものであり、これは借主が、自分費用負担をして、建物所有者の指定した工事業者を利用して、施工していく工事のことを指し増す。この場合、空調、電気、或いは防災に関する部分などの移設、増築などをすることが多いです。そうすることによって、ビルの大きな部分が変化していくことになりますから、これは許可が必要、ということになります。では、この移設したり増設した部分は自分で費用を支払っているのだから、自分の権利を主張できるのか、といいますと基本的には無理です。
そうした契約となっていることもあるのですが、基本的にはオーナーにその権利が入ることになります。つまりは、所有権に関しては完全にオーナーのものであり、増設などに関してはあくまで許可をもらって自己負担でやっただけ、ということになります。だからこそ、利点がある、ということもあるのです。つまりは、特に責任がない、ということになります。もちろん、キチンと工事をすることにはなるのですが変えた分を直せ、ということも言われることはありませんから安心してB工事はできるようになっているのです。