オフィスのB工事とは

オフィスの工事というのは、3つの種類があります。それがABCという種別です。これは一体なんのことであるのか、といいますとそれは誰が、誰負担でやるのか、ということで基本的には理解できます。まずはA工事では、これはビルオーナーなどのそこの所有者が行うものになります。
入居者に関してはこのA工事に関しては特に気にすることはない、ということになります。そして、B工事とC工事では、これは両方とも借りる人がやる講師になります。B工事では、工事の費用に感手氏は入居者が支払うのですが、そのときには業者はオーナーが指定しているところをりようすることになります。
C工事では、費用負担も業者選びも借主がやることになります。B工事とは、業者が自分で選べない、というところがかなりのネックになることがあります。つまりは、見積もりなどで競争させることができないからです。
B工事はどうしてそんなことになっているのか、といいますとこれは分電盤や給排水工事であったり厨房給排気工事などであり、要するに結構、その建物の機能、性能に関する部分に関わってくる内装の変更になるのであくまでオーナーの許可が必要である、となっているわけです。