B工事は自己負担になります

オフィスなどの工事の場合、区分があるのです。それがABCという区分であり、この中でもB工事というのはなかなか厄介になります。具体的にいいますとこれは借主の自己負担、その上、オーナーが指定している業者を利用すること、その際に生まれた付加価値もすべてオーナーのもの、ということになるからです。そのフロアなり部屋なりを借りているときに空調や壁などが自分の思っているもの、こうしたいというものと違うことがあります。
その部分を変えることの工事をB工事といいます。ビルの安全面に関わってくる部分であったり、オーナー側の許可がいるような部分を手に入れるときにはB工事をする、ということになります。この工事の難点となるのが自己負担になる点ではなく、業者が選べない、ということにあります。
つまりは、相見積もりをすることができないので費用的に相場よりも高くなることが多いのです。足元を見られている、というわけではないのですが相場よりもB工事は高目になることがありますから、これは覚悟しておいたほうがよいでしょう。空調とか水道設備、或いは壁を取っ払うなどのことをする場合、ほぼB工事になると考えてよいでしょう。よく考えて決めることです。