B工事の費用が膨らみやすい原因とは?

B工事は主に建物内にオフィスや店舗などが入居する際に行われる内装工事の1種で、その他にA工事とC工事もあります。そのA工事、C工事と比べてB工事では費用が膨らみやすいと言われているのですが、それはなぜなのでしょうか。それぞれの特徴から考えてみましょう。
A工事、B工事、C工事の違いは費用の負担と施工業者の指定という2つの役割をそれぞれ誰が担当するかということです。A工事とC工事では2つの役割の担当者が同じで、A工事では建物のオーナー、B工事では入居者となります。ただ、B工事のときだけ2つの役割の担当者が異なっており、費用の負担は入居者、業者の指定はオーナーが担当者になるのです。例えば、A工事の場合、オーナーは費用の負担もしなければならないので費用を抑えられるよう十分に交渉を重ねて業者を指定するはずです。
しかし、B工事の場合、オーナーは費用の負担をしなくても良いため費用に関してまだまだ交渉の余地があるにもかかわらず業者を指定してしまう危険があります。その結果として、費用が膨らんでしまうということは十分に考えられます。つまり、B工事で費用が膨らみやすいのは、費用の負担と施工業者の指定それぞれの担当者が異なり費用を抑える交渉が十分にされないためなのではないでしょうか。

B工事という区分

ビルやショッピングセンターなどにオフィス、或いはお店を出すときには、当然ですがそのまま使えることなんて殆どなく、ある程度は工事をすることになります。このときの工事の区分がB工事、C工事といいます。B工事なのですが、これはオーナー側の指定した業者を使うことになっています。このときに誰が費用を負担して、それらの所有権はどこにあるのか、ということをはっきりとさせる必要があります。
B工事とは要するにこれから自分が使うことに対して、効率的、効果的になるように工事をすることになります。内装レベルの話ではないです。内装はほぼ自由やることができますし、これはC工事と呼ばれるものであり、指定業者でなくてもよい、となっています。
B工事は割りとガッツリと弄るタイプの工事であり、場合によっては安全性に関わってくるような部分にも触れることがありますから、あくまでオーナーの許可が必要であり、だからこそ指定の業者を使うことになっているわけです。このあたりがB工事の特徴であるといえるでしょう。ちなみに自己負担になるわけですがその改築した部分の所有権などは基本的にオーナーに入る、という契約が多いです。ここで分けることになりますと面倒であるからです。

B工事の費用負担について

工事というのはいろいろと区分があり、それによってA工事、B工事、C工事となっています。ビルなりショッピングセンターなどに店を出店する場合、基本的にはこのB工事とC工事を借主はすることになります。B工事とは、費用負担は借主負担であり、施工業者は貸主側が指定している施工業者にしなくてはいけない工事です。それでどんなことをするのか、といいますとビルなどの仕様自体に変更を加える工事になります。
そうなりますとさすがに自由気ままにやってよい、ということにはなりませんからこれはこのようにする、ということを許可を得る必要性があるわけです。そこがB工事の特徴であるといえます。ちなみに変えた部分というのは少なからず費用をかけているわけですが、大抵は所有権がオーナーのものになります。
あくまで自分が使いやすいようにする工事になりますから、所有権をその部分でも主張することができるようなものではない、というのが一般的になります。自己負担であり、かなり大変ではあるのですが、それでも店などを開くとき、オフィスとして使う時には必要になる場合が多く、開業資金などにはこうした費用も普通は予算を確保しておくものになっています。

内装区分のひとつにB工事があります

内装工事というのは、オフィスなりビルなどの場合、区分があります。その一つがB工事と呼ばれているものであり、これは借主が、自分費用負担をして、建物所有者の指定した工事業者を利用して、施工していく工事のことを指し増す。この場合、空調、電気、或いは防災に関する部分などの移設、増築などをすることが多いです。そうすることによって、ビルの大きな部分が変化していくことになりますから、これは許可が必要、とい…

B工事のポイントとは

内装工事の一つの部類としてB工事というのがあります。これは借主が負担をするものであり、そして、業者はオーナーが指定したものを使う、というやり方の内装工事になります。B工事というのは、要するのそのテナントなどで利用者が自分の使いやすいようにビルなりオフィスの機関部分を変えることもあるような工事になります。例えば電気配線とかそうした部分が代表的な部分であるといえるでしょう。これを勝手に変…